ゴルフインストラクターの職業コラム

ゴルフインストラクターが、生徒さんに長く続けてもらう秘訣

生徒さんに長く続けてもらうには、秘訣があります。

多くのインストラクターの皆さんは、
「ゴルフを上達させて差し上げること」
そのためにいかに上手に教えるか、ということに一生懸命になり、より重要な点を見逃してしまいがちです。

生徒さんは、お金を出してでもゴルフを習う”目的”があるのです。

もちろん「ゴルフの上達」はその目的の一つです。
ただ、生徒さんは、それだけを目的にお金を払っているわけではありません。

それを理解していなければ、せっかく上達してもやめてしまう。なかなか続けてくださらない。という現象が起こり得ます。

では、生徒さんがゴルフスクールに通う目的とは何でしょうか?

例えば、
Aさんの場合は、インストラクターや同じ時間に習っている生徒同士で雑談をしたいという目的があります。Bさんは、ゴルフ場で一緒に回れるラウンド仲間を見つけるために入会しました。Cさんは、自分自身を大切に丁寧に扱ってくれる場にお金を払っています。

しかし、Aさんはインストラクターが雑談にあまり応じてくれず、さびしい思いをしています。Bさんは、気の合わない人とばかりグループになりラウンド仲間を見つけられません。Cさんは、レッスンに来ても自分は大切に扱われていない、放ったらかしにされていると感じています。

すると、技術が身についたとしても、AさんもBさんもCさんもレッスンに通い続けなくなるのです。

教えるのが上手なだけでは、生徒さんは続けてくれません。
生徒さんの上達以外のニーズをしっかり把握し、提供することが、インストラクターには求められています。

 

関連記事

  1. 職場としてのゴルフスクールの探し方①活気がある
  2. ゴルフインストラクターで成功するための心得④大切にしたものが残る…
  3. ゴルフインストラクターに向き不向き・適性はあるのか
  4. ゴルフインストラクターは一年以内に結果を出そう
  5. ゴルフインストラクターは生徒さんを怪我から守らなくてはならない
  6. ゴルフインストラクターの職業病
  7. 時代の求めるゴルフインストラクター
  8. ゴルフインストラクターとして充分な収入を得られる担当生徒数

カレンダー

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP