更新日:2021/8/4

向き不向き

ゴルフインストラクター 向いている人

ゴルフインストラクターを、趣味の延長ではなく

 

「プロとして一定以上の収入を得る前提」

 

で考えるならば、向き不向き・適性を知っておく必要があります。

”ゴルフインストラクターを職業にしよう”と考える際には必ず向き不向きについて考えましょう。

趣味レベルであれば問題ないのですが、社会人として恥ずかしくない収入を得ることを考えると、やはり向き不向き・適性が必要になってまいります。

では、どんな人がゴルフインストラクターに向いているのでしょうか…?

自分自身が下記に当てはまるかどうかを見てみましょう!

適性①:ひとが好きな人

ゴルフインストラクター 適性
ゴルフインストラクターはサービス業ですので、”人が好き”であることが職業としての必須条件です。
しっかりと収入を得るためには50~100人以上の生徒を担当することになりますので、人が好きでないと苦痛がますばかりになってしまうでしょう。

適性②:明るい人

ゴルフ インストラクター 求人

多くの生徒さんを抱えているインストラクターは総じて明るい性格をしています。人は明るい人のところに集まります。

適性③:言葉遣いが丁寧な人

ゴルフインストラクター 向き不向き

お金を払って受けるサービスというのは、敬語であることが常識といえます。

特にゴルフをされる層の方々は言葉遣いを気にされる方が多いので、ゴルフインストラクターとして仕事をするなら丁寧な言葉づかいを心がけましょう。

適性④:わかりやすく教えられる人

どんなにゴルフが上手でも、理論を理解していても、それを人に伝えられなければゴルフインストラクターとしての役割を果たすことはできません。

言葉と動作を効果的に組み合わせて説明する創意工夫ができる人、なるべく専門用語を使わず、よりわかりやすい指導を心掛ける人は間違いなく向いているといえます。

適性⑤:教えることが好きな人

ゴルフ インストラクター 適性
物覚えがよくない人に指導することも苦にならない、”人に教えることが好きな人”はゴルフインストラクターの適性があります。

まとめ

ゴルフインストラクターは、人として尊敬できたり、相手のことや立場を理解して接することだったり、何より楽しそうにゴルフを教えてくれる人が向いています。

技術や教え方というのは常に勉強し、親身になって現在できる最高の指導をしていくなかで身についてきます。

ゴルフが上手であるということもですが、人として魅力的な人。

人に教えるのが好きで人と関わることで自分の価値を見出せる人が向いているみたいですね!

上記に当てはまらないと感じた時、どうしてもやりたい仕事でしたらご自身を変えていき、成功することももちろん可能です!

ツイッター

PAGE TOP